美白化粧品~シミの予防のためにすぐ始められること~

美白化粧品~シミの予防のためにすぐ始められること~

できることなら、シミは作りたくないですよね? しかしシミは若いころからの積み重ねが原因となっていることも少なくありません。 じゃあ若いころシミができてしまうようなことをしていたから、諦めるしかないのでしょうか。

そんなことはありません。 今からでもできることはあります。 むしろ、今すぐにでも始めてほしいです。 まずシミの原因となるのが「紫外線」です。 紫外線はシミの原因となるだけでなく、シワ、そばかす、肌の老化などを引き起こすことが近年知られてきています。

すでに浴びてしまった紫外線はどうにもなりませんが、これからは必要以上に紫外線を浴びすぎないようにしましょう。

紫外線を予防するには美白化粧品や日焼け止めクリームの活用が一番です。 最近は乳液タイプ、スプレータイプ、ローションタイプなど様々なタイプがあります。 肌が弱い人向けなどのものもあるので、自分に合ったものをみつけられるといいですね。
シミを消す美白化粧品、失敗しない選び方は?

日焼け止めクリームの活用が大切と言っても、それだけに頼りっきりではいけません。 肌が敏感な人であれば、いきなり直接日焼け止めクリームを塗ることは肌に負担をかけてしまうこともあります。

洗顔して肌をきれいにしたら、スキンケアから始めましょう。 この時美白効果やシミに効果的なものを使うとよりよいかもしれませんね。 そして肌を整えてから、日焼け止めクリームの登場です。

日焼け止めクリームは“適量”を使うことがポイントになります。 多すぎると肌に負担をかけてしまいますし、少なすぎても日焼け止めとしての効果が十分に発揮されません。使用説明書をよく読むなどして、適量を丁寧に塗るようにしましょう。

また日焼け止めクリームは一度に大量に塗るよりも、適量を適宜塗りなおすほうが効果的です。 効果のある時間は商品によりますが、基本的には2時間、そのほか汗をかいたり水に濡れるようなことがあったときは塗りなおしましょう。

紫外線は目に見えないだけについ油断しがちですが、日焼け止めクリームの活用を日々の習慣にすることが大切です。
カウブランド無添加

シミ対策の基本でもある日焼け止めの選び方

シミができる最大の原因はなにかというと、肌が紫外線を浴びることにあります。 そのため、シミ対策には紫外線対策をすることが何よりも効果的なんです。

日焼け止めを考えた時に、真っ先に思い浮べるのは日焼け止めクリームですよね。 特に紫外線が強い夏場に外出する際には、必ず日焼け止めクリームを塗ってから出かけるようにしましょう。

ですが、日焼け止めには様々な種類があるため、どれを選べばいいのかわからず適当に選んでいるという人もいるのではないでしょうか。 それではせっかくの効果が半減してしまうことがあるので、日焼け止めの正しい選び方について理解しておきましょう。

その前に、日焼け止めを塗ると肌には負担がかかるということを理解しておきましょう。 そのため、成分が強いものは肌に与える負担が大きいということを知っておかなければなりません。

日焼け止めの強さや効果の持続時間を表すのが、SPF値やPA値と呼ばれるものです。 SPFは数字で、PAは+で強さが表されていますが、とにかく成分が強いもの選ぶという選び方は避けたほうがいいです。

先に言ったように日焼け止めクリームの成分が強くなればなるほど、肌に与える負担も大きくなるからです。 成分が強い日焼け止めは、炎天下で長時間スポーツをしたりする際に使うべきもので、ちょっとしたコンビニまでの外出などで使うものではありません。

その日の予定に合わせて日焼け止めを数種類用意しておくのが理想なので、何本か用意しておきたいですね。

次に、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使う場合の注意点についても知っておきましょう。 ウォータープルーフとは汗や水に強い成分が含まれているもののことなので、夏場の暑い季節にはウォータープルーフタイプのものを選んだほうがいい気がするかもしれません。

ですが、成分が強いということは肌への負担も大きくなるわけなので、汗をかいたり水に濡れる予定がない日には、ウォータープルーフではなく肌への負担が少ないタイプの日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

ハイドロキノンの濃度について

美白について調べたことがある人は、ハイドロキノンという単語を見かけたことがあるはずです。 これは非常に効果が強い美白成分なのですが、商品によって配合されている濃度が違うので、よく確認しておかなければなりません。

できるだけ早く美白をしたい、シミを消したいから、高濃度でハイドロキノンが配合されているものを選ぼうと考えてしまう人もいるかもしれませんが、高濃度であればあるほど効果が高まるものの、リスクも高まるということをよく理解しておかなければなりません。

まず、美白化粧品などに配合されているものの場合、4~5%が上限となっています。 つまり、素人が自宅で手軽に使える美白化粧品であれば、5%以上のハイドロキノンは配合されていないということですね。

ですが、これはあくまで市販されているものの話であり、病院では10%のハイドロキノンが配合された薬が処方されることもあります。

10%のものを使用する場合、医師に使い方を説明してもらって使わなければリスクが高いということです。

ただ、今はインターネット上で手軽に美白化粧品を購入する人が増えてきました。 そして、インターネット上では10%以上の高濃度でハイドロキノンが配合されている商品もあるんです。

こういったものを試そうと思っている場合も、まずは1~3%配合の初心者向けのものから試してみましょう。 確かに、10%配合のものがある中で1~3%のものを使ったとしてもあまり効果が期待できないのではないかと不安に思ってしまう人もいるかもしれません。

ですが、ハイドロキノンはとても強い美白成分であるということを理解しておく必要があります。

4~5%程度配合されているものは即効性が期待できる配合量と言われているくらいなので、1~3%のものでも十分に効果が実感できるはずです。 4~5%程度配合されているものの場合、肌が弱い人はには会わない可能性もあります。

6%以上配合されているものは上級者向けであり、正しい知識を持って使わなければならないので、必ず医師に処方をしてもらい、指導を受けたうえで使うようにしましょう。